×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のしつけ(おすわり)

犬のしつけ おすわり

おすわり」は犬のしつけの基本です。「おすわり」すらできない犬は、しつけされていないという印象を与えます。

 

犬に「おすわり」のしつけをするときには、まず最初に犬にリードを付けてください。リードを軽く上げながら「おすわり」と言葉をかけてください。最初のうちは、リードを上げて「おすわり」と言いながら、犬のおしりを犬が座るまでの間、軽くおさえてあげてください。

 

おすわり」ができたら犬をたくさん褒めてあげてください。犬に「おすわり」と言いながらリードを軽く上げて、座れたらたくさん褒めてあげる、ということを、気長に根気よく、繰り返してしつけをしていくうちに、徐々に犬はおすわりを覚えていきます。

 

「お手」も「おすわり」と同様に、ほとんどの人に犬のしつけの基本だと思われていますが、実際に犬が生活をしていく上ではあまり必要のない行動です。でも覚えさせたいと言うのであれば、飼い主の言うことをきちんと聞く犬に育てるためのしつけ、という意味で覚えさせても良いと思います。

 

最初に犬を自分の正面でおすわりをさせてください。それから、犬の右手を軽く握って持ち上げて、自分の手のひらをひろげて「お手」と何回か言います。できたらたくさん褒めておやつをあげてください。同じ手順を繰り返すことで「お手」を覚えていきます。「おかわり」は犬の逆の手で同じ手順を繰り返します。