×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のしつけ(犬の食事)

犬のしつけ 食事

犬への食事は、規則正しく、決まった時間に、決まった場所で与えるのが鉄則です。もしも決まった時間になっても食べないときは、可哀そうですが、すぐに食事を片付けてください。そのまま置いておけば、後で食べるだろう、と考えて食事をそのままにしておくのでは、犬のしつけはできません。

 

犬の食事のしつけに大事なことは、毎日決まった時間に食事を与えるということです。決まった時間になったら決まった場所で食事がもらえる、という習慣をつけさせ、犬にとって人間を都合の良い存在と思わせないことが大切です。可愛い顔でおねだりされても、けっして決まった時間以外は、食事を与えてはいけません。犬のために飼い主も心を鬼にすることが大切です。

 

食事中に人間が近寄ると威嚇をする犬がよくいます。犬が食事をしているときに人間がそばにいることに慣れさせるためには、子犬が家に来た初日から、食事中には食器に触っているようにしたり、食器をずらしたりしながら、食事中も犬のそばにいるようにしてください。慣れてくれば、犬は食事中にそばに人がいても全く気にしないようになります。

 

人間が食事をしていると、犬がやってきて、同じものを欲しがることがあります。しかし、人間の食事を犬にあげてはいけません。人間が食事をしているときは、ゲージに入れたり、別の部屋に連れていくようにして、人間が食事をしているところを見せないようにすることも犬の食事のしつけには必要です。