×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のしつけ(無駄吠え)

犬のしつけ 無駄吠え

犬の問題行動にはいろいろあります。飼い主や他人に対しての無駄吠えや噛み付き、威嚇、脱走、放浪といった問題行動が多いようです。こうした問題行動を起こしたときは、犬のしつけの前に、まず自分の犬に対する行動をよく考えてみる必要があります。飼い主はしつけとして叱っているつもりでも、犬のほうは褒められていると勘違いしている場合もあるのです。

 

犬の問題行動を直すポイントは、飼い主の行動が犬に正確に理解されるように、行動の直後に、素早く褒美や罰を与えることです。犬のしつけに大切なのはそのタイミングです。同時に、犬が問題行動をとる原因は何なのかという点を理解するために犬をよく観察して、根本的に解決する方法を探すことも重要です。

 

犬の問題行動で最も多い、無駄吠えは、飼い主に対しての場合は、散歩や食事の催促だったり、愛情や運動不足のストレスが原因だったりします。可能な範囲で犬の要求に応えてやったり、スキンシップをとって、たくさん可愛がり、ストレスの発散を促してください。犬も人間同様、ストレスがたまると問題行動を起こしがちです。

 

他人や物、動物に吠えるのは、警戒していたり怖がっていたりする場合や、元々臆病だったり、神経質だったりすることが原因の場合もあります。夜や早朝などに無駄吠えが多い時間帯には、家の中に入れてあげるのも良いと思います。どうしても無駄吠えが直らない場合には、吠えると不意に大きな音が鳴るなど、犬にとって不愉快なことが起こるようにすると、学習して吠えなくなります。